ルテインサプリは現代に効果が期待できるサプリメントです。
ロートV5

ルテインサプリを購入される方は、年代的に40代以降の方が多いようですが、実はルテインサプリは現代人、もしくは若い方が利用されるほうがよいサプリだと思います。

 

ルテインとは?

ルテインサプリには当然ながらルテインが配合されています。

ということは、まずはルテインについてまずは知らなければいけません。

ということで、ルテインを簡単に説明すると、緑黄色野菜に含まれる成分です。

また、人間の体内にも存在する成分です。

 

ルテインの効果

ルテインは人間の体内に存在する成分ですが、それは目にも存在します。

このルテインは現代人が日ごろから目にしているスマートフォンやテレビ、パソコンのディスプレイから発せられるブルーライトを吸収する効果があります。

例えると、ブルーライト軽減メガネがもともと人間の目に組み込まれているといった感じでしょうか?

ですから、スマートフォンやパソコンを利用する現代、ルテインが注目されているわけです。

 

ルテインは年々減少する

ルテインは人間の体内に存在するサプリメント紹介しましたが、もちろん加齢とともに減少していく成分です。

そのため、ルテインを摂取することが重要となってきます。

 

ルテインを食物から摂取する

では、ルテインをどうにか増やすことはできないのか?と多くの方が考えることです。

まず考えることは、ルテインを食物から摂取が一番手軽なはず!

ということで、ルテインが多く含まれる食物を調べてみました。

  • パセリ:100グラム中10ミリグラム
  • 緑黄色野菜(かぼちゃ、にんじん、など)

緑黄色野菜のルテイン配合量を調べたのですが、残念ながら詳細のデータが見つかりませんでした。

見つからない理由として、緑黄色野菜でもルテインは大々的に紹介するほど含まれていないのでしょう。

そうでなければ、ルテインの配合量が紹介されているはずですから・・・。

とはいえ、ルテインが多い野菜はパセリだということが分かりましたが、パセリを100グラム食べることはかなり難しいですよね・・・。

苦いし、普段から食べる野菜ではありません。

言ってしまえば、付け合せ的存在ですからね・・・。

以上のことから考えると、食物からルテインを摂取することが難しいことが分かります。

ですから、ルテインはサプリメントで手軽に摂取しよう!ということになります。

 

ルテイン配合量で選ぶなら

ルテインサプリなら朝のルテイン&プラセンタがおすすめです。

朝のルテイン&プラセンタの1回分のスティック

理由はルテインの配合量は1日40ミリグラム!

他のサプリメントでルテインが40ミリグラム配合されているものはありません。

ですから、ルテインの配合量を重視する方は朝のルテイン&プラセンタで決まりです!

500円でお試しできます!

朝のルテイン&プラセンタは、500円でお試し購入ができます。

ただし、先着1000名様ですのでお申し込みはお早めに!

 



 

機能性表示のルテインサプリ

ルテインサプリでも機能性表示のルテインサプリもおすすめです!

 

機能性表示とは?

機能性表示とは今まで効果効能をうたえなかった規制が緩和され、サプリメントの効果効能を表示できるようになったことをさします。

つまり、機能性表示によりそのサプリの効果をダイレクトに伝えることができる訳です。

結果、機能性表示ができるルテインサプリはファンケルのえんきんです。

ファンケルのルテインサプリえんきんパッケージ

 

機能性表示の内容

ファンケルのえんきんが表示できるようになった効果効能は以下の2点です。

  • 手元のピント調節機能を助ける
  • 目の使用による肩、首筋への負担を和らげる

以上の2点を改善したい方はファンケルのえんきんがおすすめです!

 

今なら1000円でお試し!

機能性表示ができるファンケルのえんきんは、いまなら1000円でお試し購入できます!

驚くことに、今なら通常1袋が2袋に増量された4週間分ものお試しが1000円で購入できますよ!